雑な業者に依頼しないための注意点
危険なスズメバチの対処
見積もりと内容の確認はしっかりしよう
早めの対処をして病院へ行きましょう

庭で蜂と遭遇した場合には適切な対処をして駆除業者を呼ぼう

スズメバチについて知ろう

蜂の活動が活発になる時期には、自宅の庭にも蜂が寄ってこないかと心配になる人もいるのではないでしょうか。特にスズメバチが巣を作ってしまうと危険です。まずはスズメバチがどのくらい危険なのかということを改めて理解しておきましょう。

スズメバチの特徴

  • 見た目は他の蜂と比べて大型
  • 非常に攻撃性が強く巣や女王蜂を守るために襲撃してくる
  • 刺されると死に至るほどの強い毒を持っている
  • 刺すのはメスのみ

スズメバチの仲間

オオスズメバチ
日本にいる蜂の中で一番危険な蜂がオオスズメバチです。体が5cmととても大きく、攻撃性も非常に高いです。毒も非常に強く、人間の体重1kgあたり4.1mgで死に至るほどの強力な毒を持っています。さらに飛ぶときの最高速度が時速40kmです。
キイロスズメバチ
他の蜂に比べて、黄色の割合が多く、さらにその色の映え方が強く、鮮やかなのが特徴です。ジュースやお菓子のニオイに引き寄せられて、自宅に入ってくることもあります。巣は始め、床下や屋根裏で作られ、群れが大きくなると、外の広い場所に引っ越して新しい巣を作ります。
コガタスズメバチ
見た目がオオスズメバチに似ていて区別がつきにくいです。しかし、オオスズメバチとは違い、攻撃性はあまり高くはありません。巣はトックリ型で軒下・ガレージ・樹木の上などに作られます。働き蜂が外に出るようになるとキイロスズメバチの巣のような形に変わります。

このように、スズメバチと言ってもその種類は1つではありません。それぞれの行動パターンや巣の特徴を把握しておきましょう。

TOPボタン